マリッジリング: 冠婚葬祭の知識 知ってるようで知らない

冠婚葬祭で恥をかかないマナー・常識をお祝い金額・服装・のし袋・スピーチ・招待状・挨拶・作法・お返し・儀式・結納・冠婚葬祭業者など冠婚葬祭のマナー、知識を学びましょう。

マリッジリング

ブルガリは、重厚かつ洗練されたデザインが魅力なイタリアのブランドです。
ブルガリのリングといえばビーゼロワンが定番です。
インパクト感大な存在感あるデザインが特徴で、シンプルなものはマリッジリングとして人気があります。
ダイヤのパヴェタイプ、エタニティタイプはエンゲージリングにもぴったりです。
婚約指輪の由来は、婚約が口約束ではありません、ということをエンゲージリングという形ある贈り物であらわしたものです。
結納がある時は、プロポーズの時にもらったとしても、結納後につけるのが正式です。
リングは古代から「永遠」を象徴しており、同じく「永遠」をあらわすダイヤモンドと相性がいいです。
これまでは、婚約指輪はダイヤモンドの石付きで、結婚指輪はシンプルなもの、というケースが一般的でした。
最近は、めったにつける機会がないエンゲージリングよりも、普段使うマリッジリングにお金をかけていくケースが増えてきています。
ウェディングに欠かせないアイテムといえばリングピローです。
指輪交換の際、リングを置いておくクッションのことですが、最近では、テディベアであったりガラスであったりと様々です。
結婚式後も、リングの収納としてや、部屋のインテリアとしても使うことができるので、選ぶ際はデザインにこだわりたいところです。





Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:結婚式 婚
エントリー:マリッジリング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。